なんで気持ちイイの?

Posted 2月 6th, 2015 by 管理人. Comment (0).

巨乳の風俗を利用する男の人ってなにを求めてるのかな。

単純に触り心地とかが好きなのかしら。

母性を感じてるとか隠れたマザコンの表れだとか尤もらしいことは置いておいて、パイズリとおっぱいマッサージは確かにある程度バストサイズがある女の子じゃないと出来ないね。

でもさ、パイズリでそんなに気持ちイイもの?オナニーとかより全然刺激は少ないと思うんだ。だって胸って脂肪だしね。胸に挟んだら上下させたりチンポの先端を舌でチロチロしたり咥えて吸ったりはするけれど、正直フェラや手コキの方がよっぽど繊細な刺激を与えられるし強弱も付けられる。でも男の人は興奮するみたいだね。

池袋は風俗店も多いけど巨乳店もいっぱいあったの。専門店ね。キャストの女の子のレベルは当然ピンキリだったけど。

でも、胸が大きい女の子は他の風俗に行ったほうがそのサイズを売りに出来るんだ。当たり前だけど巨乳風俗で勤めると、周りは同じかそれ以上のサイズの子ばっかりなんだもん。でもソコでテクニックを磨いておくと違う性風俗のお店に行ったとき他の女の子より違うテクがあるっていうので太いお客さんを掴めるって考え方もあるよね。

もちろん長く風俗するつもりじゃないなら別の話だけど。

池袋で巨乳美人に酔いしれる

Posted 2月 6th, 2015 by 管理人. Comment (0).

池袋でのデリヘル嬢との最高に気持ちいいセックスの話です。とにかく酔いしれました。

駅前から電話して、少し時間があるので、居酒屋で一杯やりました。ホテルに入ってシャワーを浴びると、時間通りにチャイムが鳴りました。ふわりとしたロングヘアに小さな顔、紺色のワンピースの女性でした。身長は160センチ前後で、ウエストの白いベルトが腰の細さを強調していました。上品な感じで部屋に入ると、「Mです」と自己紹介されました。「すぐにする?」と尋ねられて、ビールに誘いました。並んでテレビを観ながら肩を抱いて、胸に手を伸ばすと、びっくりしました。丸いスポンジがあるかのような柔らかくて大きなおっぱいがワンピースの中にありました。背中のファスナーをおろす時には、征服感を味わえます。これがあるから男はワンピースが好きなのかも知れません。ブラジャーとショーツは紫色で、ますますこちらの気分は盛り上がりました。彼女がゆっくりと僕の服を脱がしてくれて、そのままフェラチオです。美人になめられるのは、男の幸せです。おおきなおっぱいを眺めながら、このままでもいいくらいな気持ちでした。ベッドで彼女が上になると垂れていない張りのある巨乳が、別の生き物のようにユサユサと左右上下に揺れ動き、これ以上ない程の気持ち良いセックスでした。ただおっぱいだけが大きい女の子には無い素晴らしさを知ってしまいました。

デリヘルをよく利用しています。

Posted 11月 20th, 2014 by 管理人. Comment (0).

上野の本社へ年に数回、社用で訪れます。その際にホテルに1泊するのですが、そこでよくデリヘルを利用しています。

デリヘルの予約は、もっぱらスマホで行っています。スマホで、自分の好みの女性を探して、予約しています。
前回の女性が結構よかったので、また今度も同じその女性の予約を取ろうとしたら、この日はちょっと無理だということでした。

少しがっかりしましたが、別に好みの顔のタイプの女性を見つけたので、早速予約しました。2時間後に自分の泊まっているホテルに来ることになりました。
急いでホテルに戻って、シャワーを浴びるなど準備をしました。2時間後に女性が訪れました。

ドアを開けたら、写真通りの好みの女性が立っていたので、当たりだと思いました。その後、すぐには行為に及ばず、少し話をしていました。
どうやらその女性は、ご主人が出張している間にお小遣い稼ぎでデリヘルの仕事をしているそうです。

本当かどうかはわかりませんが、とにかく話し方がこれまた自分好みだったので、ますます気分がノッてきました。
女性のテクニックもそこそこ上手でしたし、何よりスタイルが抜群で、キレイな肌だったので、とても満足しました。

次回の出張の時もこの女性の予約を取りたいなと思いました。

アナルセックス最高

Posted 9月 12th, 2014 by 管理人. Comment (0).

regereeyy

女とセックスしたい!あそこに入れたい!中出ししたい!
オナ禁して15日目の朝、俺は危険なほど女に飢えていました(笑)

溜まった精子を放出するため、俺は上野のデリヘルにいるアンちゃんを指名するため電車で上野に行きました。

「入れていいよ・・・ゆっくり奥まで入れて・・・」そう言いながらアンちゃんは俺のチンポを握って穴に誘導します。
俺が腰をゆっくり押し付けると、亀頭がキュッと締まった穴の中に導かれていくのです。
「あん・・・あぁ・・・入った・・・」
あそこかと勘違いしてしまうほど熱くてクネクネしたアナルの中に包まれた俺のチンポ。
さらに亀頭がパンパンに張り、あんちゃんの性感帯を突き上げると、アンちゃんはあそこから大量の潮を吹いて喜んでくれるのです。

その直前まで、シャワーやフェラチオ、手コキで限界まで刺激を受けている俺のチンポからは、
ダラダラと我慢汁が漏れ、それが手伝ってアナルの中はヌルヌルが増しています。

「このまま中で出して・・・いっぱい奥で出して・・・」
そう言われた瞬間、俺の限界です。

「あっ・・・あっっ!いっぱい出てる・・・いっぱい出てるよ・・・」
俺は何度も波打たせながら、あんちゃんのアナルの中に15日間の精子を飛ばして終了しました。

上野デリヘル かわいい熟女 おいしい人妻